科研費基盤研究(B)中性子星種族の多様性とそれを作り出す中性子星磁気圏の多様性・変動性の起源の解明

2022年夏季「中性子星・超新星残骸及び関連天体」研究会

2022 Summer Workshop
on Neutron-Stars, Supernova Remnants and related objects


〜興味ある課題を徹底討論〜 中性子星・超新星残骸や関連の話題で興味ある問題意識などを出し合う研究会を 企画しました。磁気圏、パルサー星雲、SNR、magnetarなど理論 観測は問いません。 密な議論の勉強会にしたいとおもいます。 奮ってご参加ください。

世話人:柴田晋平(山形大学)、馬場彩(東京大学) 森 浩二(宮崎大学)、田中 周太 (青山学院大学)

補足:
昨年12月の同様の研究会のプログラム
若手の方へ若干名旅費の補助ができます。講演申込時にご記入ください。
山形温泉情報など問い合わせ受け付けます。
追加情報
感染防止など計画書を作り大学の開催許可は得ましたので、現地開催は手続き上可能です。
ただ、感染状況を見て、直前の1,2週間前に参加状況を確認させていただきます。
また、大学から自粛要請が出たら中止もあり得ますのでその時は連絡します。


日時:2022年8月30日(午後の予定)
場所:山形大学理学部(小白川キャンパス)+オンライン併用
申込:フォームへ

重要な日付け
8月14日(お盆あけ16でもOKです)講演登録締切(申込form)
8月25日参加登録締切(申込form)
8月26日オンライン接続先通知
8月30日開催日
8月30日スライド等提供期限(随時参加者に資料提供)

プログラム(準備中)

(発表順や時間を調整中)

時間題名発表者(所属)
hh:mm-hh:mm Opeing Remarks
hh:mm-hh:mm Session 1 (Pulsar Wind Nebula)
hh:mm-hh:mm X線帯におけるカニ星雲の長期間変動 (3)
slide
森 浩二 (宮崎大学)
hh:mm-hh:mm IXPE 衛星による「かに星雲・パルサー」のX 線偏光観測
slide
水野恒史(広島大)ほかIXPE衛星チーム
hh:mm-hh:mm カニ星雲を用いたChandraとIXPEのジョイント解析による偏光解析手法の開発
slide
渡邉瑛里, 郡司修一, 柴田晋平(山形大学), 大野寛(東北文教大学), 寺島政伸, 管佑真, 上小林柾(山形大学)、ほかIXPEチーム
hh:mm-hh:mm パルサー星雲におけるストークスパラメータのモデル計算
slide
大野寛(東北文教大学)、柴田晋平(山形大学)
hh:mm-hh:mm title
slide
Author(s)
hh:mm-hh:mm Session 2 (Neutron Star, Pulsar Magnetosphere)
hh:mm-hh:mm 星周物質から明らかにするマグネターを持つ超新星残骸RCW 103の親星
slide
成田拓仁(京都大学宇宙線), 内田裕之(京都大学宇宙線), 吉田敬(京都大学基研), 田中孝明(甲南大学), 鶴剛(京都大学宇宙線)
hh:mm-hh:mm X-Raying the Birth of Binary Neutron Stars and Neutron Star–Black Hole Binaries
slide
樫山和己(東北大)、澤田涼(東大)、諏訪雄大(東大)
hh:mm-hh:mm Suzakuを用いた強磁場白色矮星AE Aquariiの非熱的放射の時間変動解析
slide
南 喬博(東大) 馬場 彩(東大) 寺田 幸功(埼玉大)
hh:mm-hh:mm 相対論的に磁化したプラズマ中でのAlfven波の伝搬
slide
石崎渉(基礎物理学研究所)
hh:mm-hh:mm パルサー磁気圏の構造のSimulationの現状(A review)
slide
柴田晋平(山形大)